初心者向けFX講座@FX会社に預けるお金の

FX取引は自分の銀行口座を通して行うのではなく、自分が選んだFX会社に預けた資金を通して行います。

そのお金は「取引のためのお金」という意味合いもありますし、「担保」という意味合いもあります。
そしてFX用語として、その担保のことを「取引証拠金」または「取引補償金」と言います。

また、最低限必要な取引証拠金のことを「必要証拠金」と言い、この値はFX会社によって、また取引する通貨によっても変わります。

そして最後に紹介するのは「有効証拠金」。
これは取り引きするFX会社の口座にある、自分の「純資産」のようなものです。

FXで設けた、損をした。と言った類の話は「有効証拠金」を対象としたものです。

さて。有効証拠金は取引後に変動することはもちろんですが、取り引きしている最中にも変動します。

たとえば1ドル=100円の時に10ドル分買った。この状況だと自分の純資産は10ドル=1000円ですね?

しかし次の日には1ドル=50円になった。前日と比べて円安になってしまったので売らないことにした。
でも自分の純資産は10ドル=500円になっています。

分かりやすく言えば自分の口座にあるお金にも、決済していようが否かろうが、その通貨の価値が適用されるわけであります。

そしてその有効証拠金に対する証拠金の割合を「口座維持率」と呼びます。各FX会社がユーザーに与えるインターフェースによるでしょうが、口座状況画面で確認できることがほとんどです。

口座維持率は有効証拠金に対する取引証拠金の割合をしめすもので、高いから、または低いからといって一概に善し悪しを決めることが出来る値ではありませんが、
ユーザーがいつも気にかける必要のある「レバレッジ」や「ロスカット」などと関連性をもった値です。

FXユーザーにとって一番大事なのはリスク管理ですが、そのリスク管理の一つの目安にもなるキーワードですので、その意味を理解しておくことはほぼ必須条件であるのではないかと思います。

シャンプー 通販

吉祥寺で矯正歯科を探す

帆布バッグ レディース

八王子 賃貸 新着物件情報

糖尿病を克服するためにできる身近な管理方法